ピッキングに弱い鍵

KEY.gif鍵穴の中には、大きさの違う「ピン」と呼ばれる部品があり、鍵を差し込むことによって、それが鍵山の高さ、くぼみの深さ、大きさ、配列などと合って、シリンダーを回転させて開錠します。
その鍵穴に、特殊な工具を挿入し、タンブラー、ピンの高さを合わせて、鍵を差し込んだときと同じ状態にして開錠させてしまう行為がピッキングです。

スポンサードリンク





ピッキングの対策がされていない、住宅用の鍵は、主に2つあります。

ディスクシリンダー(ウエハーシリンダー)

玄関や勝手口などに多く使われているタイプの鍵です。
特に、全国的に見ると美和ロックのディスクシリンダー錠が広く普及していました。

鍵穴がくの字型になっているものです。
一般的には両側に鍵山があります。
・使いやすく耐久性は抜群ですが、ピッキングによる開錠時間はほとんどの場合1分とかかりません。

「10秒以内で開く」と言われているタイプのもので、大げさに言うと、空き巣にとって見れば鍵が開いているのと同じです。

現在、このディスクシリンダーは廃盤で生産されていませんが、古くからの家は、確認してみてください。
もし、ついていた場合は早急に交換が必要です。
勝手口がある場合、玄関だけ交換しても意味がありません。
特に、勝手口は見通しの悪い場所にあることが多いので、そこにディスクシリンダーがついていたら、空き巣にとっては恰好の獲物となるでしょう。


ピンシリンダー

ディスクシリンダーと同様に、玄関、勝手口などで広く使われています。

・ピンタンブラーというピン状のタンブラーを使用しているシリンダー錠です。
片側に鍵山があるものです。
・鍵山の数が多いと、防犯性が高く、昔はその防犯性が売りでよく使われていた
ものです。

加工精度やピンの配列具合などによっては、ディスクシリンダーよりも短時間で開けられてしまうものもあります。
ピックガンという専用のピックを使用することで、簡単に開錠できる場合もあります。
ピッキングピンという、ピッキング防止ピンが入っているものもありますが、見た目での判別は困難となっています。

古くからの家には、ピッキングされやすい「ディスクシリンダー(ウエハーシリンダー)」と、「ピンシリンダー」がついている家が多いと思います。
ピッキング防止のために、まず古い鍵は交換することをお勧めします。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

サムターン回しの防犯対策
サムターン回しという手口の防犯対策をご紹介します。 (サムターン回しの説明はこち......
カム送り開錠の防犯対策
カム送り開錠に対する防犯対策をご紹介します。 (カム送り開錠の手口についてはコチ......
ピッキングの防犯対策
ピッキングの防犯対策をするには、まずシリンダーの交換という方法が挙げられます。 ......
こじあけ(錠破壊)の防犯対策
この手口(こじあけ(錠破壊))は、凶悪でドアの修理の被害も大きいので、必ず防犯対......
バンピングの防犯対策
平成15年9月1日に施工された、「特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律(法律第......
古い家の防犯対策
築年数が経ち、古くなってしまった家では、特に防犯対策を見直す必要があるでしょう。......
合鍵
家族が何人かいる場合、絶対に家のの鍵には合鍵がありますよね。 そして、これらは、......
夏の防犯対策
夏は、冬に比べて窓を開けておくことが多い季節です。 窓を閉め切っては、風邪が通ら......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

スポンサードリンク

携帯版のQRコード

防犯に関するお役立ち総合サイト 防犯知識大辞典!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://bouhanweb.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。