すき屋に防犯対策の強化の警察指導

大手牛丼チェーン店がいくつもあるが強盗事件数をみると、すき屋が全体の9割という異常な数になっている。

スポンサードリンク





牛丼チェーン店を狙った強盗事件
全体71件(9月末までの数字・昨年一年では68件)

すき屋:63件
吉野家:6件
なか卯:2件
松屋:0件


なぜすき屋が狙われるのか?

すき屋を運営するゼンショー社では店舗数の多さ、食券でなく現金での受け渡し、夜間は人気が少ない郊外の店舗が多いと原因をあげている。

ネットではすき家をターゲットにした強盗マニュアルがあり、
・多額の現金をレジに貯め込む
・深夜には一人の体制(他店舗では2人体制・券売機)
・レジが出入り口に近い
等など、かかれており、すき屋の防犯に対する意識の低さを指摘している。

去年11月すき屋強盗頻発を受け警察庁は防犯対策の強化を口頭で要請し、今年6月被害のあった店舗を調査したところ、ほとんどの店舗で改善が見られず、警察庁は改めて夜間の勤務体制の強化や多額の現金を保管しない等の文書で要請したとのことで、このように警察が特定の企業に要請を行うのは異例だということです。

読売新聞では 
今回の指導について、ゼンショーの広報担当者は「経営を度外視してまで防犯に取り組む必要があるのか考えたい」と発言。防犯カメラの設置などの対策を進めていると説明した上で、「複数の夜勤がいた店が被害に遭った事件もあり、従業員を増やしたところで強盗は防げない」と同庁の指摘に疑問を投げかけた。また、出入り口付近にレジを設置していることについては、「客が出入りしやすい場所なので配置している。変える必要があるか検討したい」と話した書き、察庁生活安全局の幹部は、こうしたゼンショーの姿勢について、「大手企業として防犯に対する意識が足りない。街の治安悪化にもつながりかねないので、徹底的に指導したい」と話している
と発表した。

これを受けゼンショー広報室長のTwitterではこの「発言はしておりません」との投稿がありHPでも「読売新聞の2011年10月13日付夕刊、および翌14日朝刊紙上の当社(ゼンショー)に関する記事中、当社広報担当者が「経営を度外視してまで防犯に取り組み必要があるのか」と発言したとの記述がありました。当社からこのような発言はしておりません。読売新聞社には厳重に抗議の意を表明します」と発表している。

ロケットニュース24では記事に対する質問に対し、読売新聞東京本社広報部はお問い合わせの件について、当該記事に何ら間違いはありませんと回答している。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

空き巣(福島原発事故関連)
東電会見出入り禁止 「ネイビー通信」の自称記者を車上荒らしで逮捕  7月1日(金......
空き巣(本当なら防犯グッズなのに)
ワンルームマンションを狙い空き巣を繰り返したとして、大阪府警捜査3課と豊中署など......
芸能関連
楽しんご、窃盗被害の1週間後に新財布も紛失「もう持ちたくない」         ......
改正障害者基本法が成立
障害者と防災防犯にかかわる改正障害者基本法が成立...
大震災関連の詐欺
大震災関連の詐欺...
暴力団排除条例と実例
暴力団排除条例が10月1日で全国に施行されます。 この条例の違反事業者には中止や......
連続3回逮捕のストーカー防犯できず?
同じ女性に3度も...ストーカー容疑で46歳男逮捕  好意を寄せる女性(41)を......
高級バイクへの防犯にGPS
 自動車用の全地球測位システム(GPS)機器を販売している多くの業者が、大きな潜......
日本のネットの防犯意識
日本のネットの防犯意識が問われていると言える事件が多く起きている。 特に海外から......
空き家条例
空き家の適切な管理を所有者に義務付け、撤去規定も盛り込んだ「空き家条例」が、埼玉......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

スポンサードリンク

携帯版のQRコード

防犯に関するお役立ち総合サイト 防犯知識大辞典!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://bouhanweb.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。