高級バイクへの防犯にGPS

 自動車用の全地球測位システム(GPS)機器を販売している多くの業者が、大きな潜在需要が期待できるとしてバイク市場に目を向けている。17日付サイゴンタイムズ紙(電子版)が報じた。

スポンサードリンク





フーミン社のグエン・ティエン・ハイ社長によると、高級バイクは窃盗犯罪の目標になりやすいため、財産の防衛策に関心を持つ消費者が日増しに増えているという。ハイ社長は「毎月20~30台のバイクにGPS機器を取り付けており、需要は10%のペースで伸びている」と話した。(日刊ベトナムニュースより)

日本ではバイクの盗難が多くニュースにも多々出てきます。
バイクにGPSを装着する需要は日本でも多いと思われます。

一方、盗難バイクは分解され、盗難品だとわからないようにオークションに流される傾向があり、GPSをどのようにつけるのかもポイントになるかもしれません。

現在GPSが搭載されている車が増えてきていますが、このGPSの価格は約1万6000~2万円だそうで、バイク用に値段を下げる必要があるとしています。

盗難防止にGPSをつけるのは効果的ですが、まだ高級品以外は実用的でないかもしれません。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

防犯カメラ
防犯カメラは防犯を目的に公共施設、商店・マンションなどに設置されています。 ......
防犯灯
防犯灯とは、夜間暗くて通行に支障がある場所や、防犯上不安のある場所に自治会・町内......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

スポンサードリンク

携帯版のQRコード

防犯に関するお役立ち総合サイト 防犯知識大辞典!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://bouhanweb.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。