地域安全マップを作る

地域の防犯意識を高めるために安全マップを作ることで子供たちの防犯意識が高まります。

スポンサードリンク





どのように作れば防犯意識が高まるのか、また、子供たちが地域を守ろうと愛着を持つようなものにしたいものです。
そのためには、地域安全マップは子供たち自身が歩き、見て感じたことを元にマップにすることが重要になってきます。

東京都にはこれで簡単!地域安全マップづくりの教材があるので参考にしてみるといいでしょう。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2008/11/20ibj800.htm

地域の安全を守るには何を知る必要があるのか子供たちで話し合わせてみるのがも良いでしょう。
犯罪や交通事故等、身の回りに感じる危険について話し合い、実際にどんな場所にあるのかを確認しましょう。確認したら、それを地図にまとめ発表していくことで自分が感じた危険を周囲と分かち合うことができるのではないでしょうか。

地域の安全マップを作る時に気をつけて指導したいところは、場所についてです。
具体的な危険な事件が起きた場所や見かけた人に注目しがちですが、具体的な場所だけでなく、その場所がどんな場所だから起きたのかを考えることが重要です。
また、実際に被害者が居た場合、その被害の具体的なものに迫るのでトラウマが深くなるばかりです。犯罪発生場所に注目するのではなく、なぜ犯罪事件が発生する場所になったのかを考え、新しい地域を歩いたときにも危険予測ができるように考えを深める必要があります。

事前の話し合いでは危険を感じた場所について話し合い、どんな場所が危ないのか具体的に見て検証をしてみましょう。

安全マップを子供たちが作る場合は、補助員がいると安心です。
地域の人や大学生ボランティア等を利用できるといいでしょう。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

子供とケータイゲームの防犯対策
現在では子供に携帯電話を持たせる年齢が低層化しており、小学校5年生では2割の子供......
子供とネットゲーム問題と防犯
子供の遊び場が屋外から室内にうつり、ゲーム等で遊んでいることが多くなりました。 ......
京都亀岡暴走事故と子供の防犯意識
京都府亀岡市で起こった集団登校中の子供の列に車が突っ込み、保護者の大人も含む痛ま......
いじめは犯罪!警察に被害届を出す傾向へ
近年まで、いじめは人に相談できずに自殺してしまう傾向がありましたが、人に相談して......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

スポンサードリンク

携帯版のQRコード

防犯に関するお役立ち総合サイト 防犯知識大辞典!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://bouhanweb.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。