空き巣の場所別発生件数

空き巣を含めた侵入窃盗のうちで、どんな場所が多く狙われているのかという統計を見てみます。
侵入窃盗の61.3%が住宅の被害です。

スポンサードリンク





住宅のうち、一戸建て住宅が25.8%で最も多く、その次に4階建て以上の中高層住宅が9.9%、3階建て以下の共同住宅やテラスハウスなどを含めるその他の住宅が25.6%という結果になっています。


「空き巣の場所発生件数」表


「空き巣の場所発生件数」円グラフ


この結果を見ると、一戸建て住宅が狙われれる確率がいかに多いかということがわかります。
その他の住宅とは、3階建て以下の共同住宅やテラスハウスのことです。
ですから、低層の住宅が狙われやすいということになるでしょう。


そして、高層のマンションなどは、オートロックが完備されているところがほとんどで、防犯対策がしっかりされていることも、この結果に現れているのではないでしょうか。


しかし、中高層住宅でも件数で言うと、959件ですから、決して少なくないので油断はできません。
中高層の住宅でも、狙いやすい点というのはあるのです。
1階では、ガラス破り(ピッキングはほとんどないようです)、2~5階では、施錠忘れやピッキングによる侵入、6階以上では人目につきにくいので、ピッキングや鍵を壊しての侵入が多いようです

スポンサードリンク

サイト内関連記事

空き巣とは
空き巣と対策について...
空き巣の犯罪例-芸能人-
テレビによく出てくる芸能人は特に、高額収入だと思われます。 また、芸能人は、見た......
使用する道具
空き巣は、その家の扉や窓、鍵に合わせて様々な道具の中からその家に合う道具を選んで......
空き巣に関する法律
空き巣に関する法律は、時代や傾向と共に改正されています。 ●窃盗罪の刑 空き巣を......
空き巣に入られたら
空き巣被害に合わないように、防犯対策をしっかりしておくことが大切ですが、もしも空......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

スポンサードリンク

携帯版のQRコード

防犯に関するお役立ち総合サイト 防犯知識大辞典!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://bouhanweb.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。